自分色の本をつくりましょう

カブスBON

  • HOME »
  • カブスBON

カブス本(制作事例)

  23歳で遭難~51歳からの再挑戦
「やり残した夢」叶えたい

明石市在住の藤本明生さんの著書。あきらめなければ叶う。一歩ふみ出せば、何かが変わる!
そして夢を叶える素晴らしさを伝えたるために~小中高大学の学校図書館に本を作り寄贈したい~
という想いでその気持ちに賛同した「みゆきち」のイラスト漫画を盛り込み産まれた本。

余命1年と言われたら何がしたい?友人からの問いかけで再び芽生えた夢
23歳の時にやり遂げれなかった、キリマンジャロでギター弾き語りの夢の達成までを書き綴った。
モチベーションの上げ方、限界に達した時見えてくるもの。元気をもらえる本です。

  追憶
災害を乗り越えて

ご自身でつけられたタイトル「追憶」から表紙が出来ました。
「追憶」の花言葉である、ゼラニウム 追憶 尊敬 信頼 君ありて幸福
長きにわたり教壇に立たれ、生徒さんに愛されて信頼、尊敬されて来られた著者の喜田さまの人となりと
校正のたびにおじゃました時にあたたかく迎えて下さる奥さまに対する喜田さまの想いがまさにこの花ことばに象徴され、気に入って頂きました。
  とよた・きらきら(掌編自分史)

豊田市中央図書館における講座 平成29年度「自分史の本を作ろう!」参加者作品集
おひとり2400字ぐらいを基準に、A5冊子にすると、おひとり5~6頁ほどで、写真を入れ込んだり、四コマ漫画を入れ込んだり、内容も千差万別ですが、10人の人となりがぎゅっと詰まった本です。
  001
さくらさくら
 個人句集

題材にあった桜色の表紙に薄ピンクの帯俳句をはじめて15年、辛いこと楽しいことを五七五と詠んだこれは紛れもなく私の十五年間だ。
  002
なはとびに
 俳句集

シックな表紙に、シックなみかえし。イラストがまた可愛い。西野文代さんのお誕生日に鑑賞の句を8人の方が。前書きの「文代作品の世界で八人が遊んでます」というのが楽しい。
  003
めんこい子 個人句集

カバーにはきらきらとした模様入り 子という字で遊んで楽しい。結婚してから数年のわたしの歩みが刻まれている…想い出を辿れる句集。
  004
草あそび エッセイ・俳句・写真集

カラーのページを交えた楽しい本。 姉弟で本を出せたら…という想いで…お互いの写真の中から草木に関するものを寄せて作られた本。
  005
自分史川柳 やっちゃんの履歴書

ピンクのカバー・ピンクの見返しがやっちゃんらしい。子育てを初め想い出の写真も交えた川柳で綴る自分史。自分史を堅苦しく考えず、思い出の情景や心に残っていることをそのまま「五七五」川柳に詠んでオリジナル自分史を作りませんかという自分史の勧めの書でもある。
  006
真夏のロング・ドライブ紀行

想い出の一枚を表紙に。先代社長が70を過ぎてから自己流でパソコンを一本指で叩き、作り上げたカラー写真満載の旅行紀行。
  007
ニュージーランド2013絆の旅

真夏のロング・ドライブの続編としてシリーズ化したうちの1冊。先代社長の亡き父も一緒に行っている気分で旅した次女の旅行記。こちらも写真が満載。
  008
我が家の四季 暖かい時間 より上質を求めて

色上質紙の帯をつけるだけで本のイメージが変わる。がん難民2011として、先代社長がそのプラス思考の精神で癌と向き合って綴った書。途中からは書けなくなり、次女が父の気持ちに成り代わって書いた。
  009
行雲流水 ーうたを道連れにー

カバーには表題のイメージにあった「ろうけつ」という紙を選んだ。古希を迎えた節目の年にこれまで折に触れ手帳やノートにメモとして残していた短歌、俳句、川柳を拾い出しながら、それを詠んだ頃の背景や想い出を綴った書。
  010
切手に描かれた日本の国宝 ーその観賞と探求―

切手の画像のカラーのページを織り交ぜた読み応えのある書。切手に描かれた国宝、絵画、彫刻、建造物、工芸品、考古の五つの分野に対する観賞・探求の記述は極めて難儀で、それを成し遂げ学んだ事をこれからの自分の人生の処し方、心豊かな過ごし方の指針にしたいと書かれている。
  015
名言名句集

高校の校長先生が学校の20周年記念の時に、生徒さんのために作った書。
  016
家族への軍事郵便

著者のお父様が1年2カ月の間にご家族へ送った戦場からの軍事郵便を立命館大学国際平和ミュージアムで保管という形で手放される前に、自分史としてその手紙のことを書き綴ったカラーを織り交ぜた書。新聞でも取り上げたれ、大学の教科書としても使われた。平成22年に出版したこの本は新聞にも取り上げられ、教科書にもなり、まだほうぼうで欲しいというお声を聞かれるということで、第2版を発行されました。
フルカラー46頁と折り込みページが最終に入っています。
1,750円で販売しています。第1版の時の校正担当は先代の社長である父でした。
今回、納品の時にお伺いした時、「その場所にいつもお父様は座られたのよ」とおっしゃれたのを聞いて目頭が熱くなり…もう7年も経った事を想いました。父が携わったこの本を増版させて頂けた事を感謝します。
  017
なぜ、カンボジア?愛すべき子ども達がいる王国

カンボジアの子ども達の支援のためにご尽力されている著者が、カンボジアの子どもたちの現状を知って頂くためにたくさんの写真を搭載して作り上げた書。本の売り上げを全てカンボジアの障害児支援に使う為に発行。
  018
鐡心録

表紙のカバーは奥さまがご主人のお好きだった色で決定。「本文中にあるように、余り(どころか、全く)に人に迷惑を掛けない様、最終の幕を降ろした。」と著者の長男様が最終のまとめをされて発行した書。
  019
家族と歩んだ足あと

長年、教師生活をして来られた著者の家族との軌跡。生徒さんが書いた著者の漫画や奥さまの句集、家族とのアルバム、追悼、お祝の言葉。著者のお人柄がぎっしり詰まった盛り沢山な一冊。
  020
生徒らと歩んだ私の足あと

45年間の教員生活の想い出と、教え子への想いが沢山詰まった著。きっかけは教え子の結婚式に招かれて、25年前の教え子の文集を読み返し、「教え子たちの悩みや願いに触れるにつけ、迎え来る古希に向けて教員生活の足跡を残してみたい」と…。新聞にも取り上げられた著。
  我がふるさと 西脇村…考

カラーのグラビアを巻頭に、編著者が亡き後に、その方のふるさとの歴史を紹介し、皆様の心の財産にしていただき、西脇の伝統や文化やお寺やお宮に心を寄せて継承していくことを亡き編著者の望んでおられたことと確信され編集され出来上がった書。
  氣の体操 高齢者にやさしい健康体操

とても可愛いイラストとともに解りやすくまとまった書。中味は印刷され、表紙のみ当社で印刷・製本。そんな方法もあります。
  中山家の歴史と人々たち

家系図とともに、中山家の歴史と人々たちを本にしたいというお父様の想いをご兄妹で作られた著。

ご相談やお見積は無料、お気軽にお問い合わせください。 TEL 078-935-8655 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 【有限会社木下ブンセイ出版印刷】 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.